ぶたこ。の闘病日記

黒い見えない影。

初めての精神科。

泣いて訴えた私に母はため息をつきながらも
心配してくれていた。
母は一晩父と話し考え、私を精神科に連れていくこと、学校は休ませて実家で休養させることを決めていた。


私は朝から泣いて両親に説得されながらも
「いやだ。頑張らないと。実習行かないと。自慢の娘でいないと、自慢の姉でいないと。
ダメなの。帰らないと、帰らないと、、。」
ずっと泣いて訴えても届かず、両親が仕事があることもあり
二日後に精神科を受診することになった。


なんの気力もなく化粧もせずパジャマのままで受診した。
人が嫌で極端に避けてずっと下を向いていた。


初診だった為、1時間の診察だった。
看護学生であること、バイトもしていたこと、食欲がなく食べても戻してしまうため
点滴を受けていること、不眠で1時間寝れたらいいこと、消えたいということ、自分が誰なのかわからないこと、見捨てられることが怖いということ等を伝えた。


そして私は、うつ病と診断された。
学校に行けるような状態ではないとみなされ、診断書をもらい
「休学するように。休んでください。頑張りすぎです。」と言われてしまった。
夏休みに入る前だったので2017年8月から休学となり
夏休み終了後から復学予定であった。
しかし夏休み終了間近になっても一向によくならず
病院の許可ももらえず、そのまま2018年4月1日まで休学となった。


薬は はじめは1日3錠程度だったっものが気付くと
薬の量は増えていて1日14錠程度を服用していた。
薬の種類は
エチゾラム錠0.5mg 3錠
レバミピド錠100mg 2錠
マグミット錠500mg 3錠
プロチアデン錠25   5錠
グッドミン錠0.25mg 1錠  です。


薬を飲むのが嫌で効果もあまり見られず、入院の話までしていたが
先生への信用も薬の量も効果も見られないことがつらく、転院を決めた。


読んでくださってありがとうございます。
クリックお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。