ぶたこ。の闘病日記

黒い見えない影。

精神疾患2

今回は精神疾患の原因について書きたいと思います。


原因はいくつかあります。
まず、「本人の特性と環境が合わない」ということです。
精神疾患の種類?によって原因は様々ですがこれはほとんどの
精神疾患の原因に当てはまると言われています。


「その人の病気のなりやすさ、病気の発症を促す要因(ストレス等)の組み合わせにより
精神疾患は発症する」という仮説があります。


「なりやすさ」というのは精神疾患の中にも遺伝などの先天性要素とどのような環境でどのように対応してきたかという後天性要素があります。
後者の場合、どのような環境でどのような対応をしていたから精神疾患を発症する、またどのようにすれば精神疾患を発症しないということは、私はないと思います。
いわゆる「個人差」があると思うからです。
「性格」が病気になるわけではないと思うのです。


一方、ストレスには家族、職場、学校における人間関係だけではなく、
災害や親族等の身近の人の死等があります。
しかし、これも個人によってどの出来事にどれ程のストレスを感じるかは異なると思います。


一言に「ストレスだ」と言っても
たくさん種類があるしどんな風に受け止めるかは
自分次第であるからこそ理解してもらうことも
自分で病気を受け止めることも
とても難しいなぁと思います。


読んでくださってありがとうございます。
良ければクリックお願いします。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。