ぶたこ。の闘病日記

黒い見えない影。

もし今がどん底なら。

つい先日、母に
「あんた、きっと今がどん底だね。」と言われた。


病院では、入院の話もあったり働けないし
学校を辞めれば、奨学金が何百万とあるからそれも
返済しないといけない。
学校側は「辞めるんでしょ?」「さっさと退学した方がいいんじゃないの?」
と毎回連絡するたびに言う。
解離症状が酷くて止める方法が分からない。
そして、先日行った子宮頸がんの検診で異常が見つかり、
再検査したが結果は変わらず、小さなクリニックで検査を受けたから
今度大学病院のがんの専門医に診てもらいに行かないといけない。
それに18歳の頃から慢性胃炎(ピロリ菌はいなかった)と言われてたものが
萎縮性胃炎に進行していました。笑


こんな状況だから生命保険に入らないと。なんて考えている。笑
彼氏は「結婚しよう」と言ってくれているけれど
これ以上彼に迷惑はかけたくない。
だから今は結婚しない。


これが「どん底」と言われたが、このくらいがどん底ならば
対して深くない。
たとえ、今がどん底だとしても後は這い上がっていくだけだ。


幼い頃、私は神様を信じていてつらい事、嫌な事があると
「神様は乗り越えられる試練しか与えないはずだから。」
「私はきっと強いから試練があるんだ。」
そう思っていた。
虐待を受けても、クラス全員からいじめられても
レイプされても、勉強が出来なくても、
殴られても、流産してもずっとそう言い聞かせてきた。


「神様」を信じている人は「きっと見ていてくれるはずだから」とか
「神様は残酷だ」とか色々言うけれど
私はいつからか「神様なんていない」と思うようになった。
だって、戦うのも逃げることも悪くないし自分で決めること。
神様なんていたら、頑張って頑張って努力すればすべて上手くいくはず。
きっとみんな頑張って頑張って努力してきたはず。
なのに上手くいかないことが沢山ある。
神様なんていないから頑張って頑張ってどれだけ努力したって
「がんばったね」と言われるだけで何の解決にも結果にもならない。
結局「結果がすべて」のこの世の中。
それに難が有るから感謝に気付けるんだとこの病気になって分かった。
だから、「有難い」て書くんだよね。


私は21歳で女性の平均寿命は87歳なんだから
まだまだ長いはずなんだから、今なんてたかが途中経過。
人生の結果はきっと死ぬ時だと思う。
今がどん底なら後は這い上がるだけ。
いつか病気全部治して、子供産んで「幸せ」だと笑ってやるんだ。


まぁ仮に神様が私や今つらいとおもっている人を
必死に生きようとしている人を、どこかで
見ているとすれば私は神様に
「神様!私をなめんな!いつか絶対幸せになってやるし
心の底から笑って見せるから黙って見とけ!」って怒鳴ってやる。
(神様を信じている方こんなことばっかり言ってごめんなさい。)


読んでくださってありがとうございます。
よかったらクリックお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。