ぶたこ。の闘病日記

黒い見えない影。

社会人。

私には、女友達が少ないです。
たぶん、3人くらいしか友達と呼べる人はいないです。
男友達の方が多い。
(かといってモテてる訳でもなく女に見られてない)


その女友達の一人のさるこ(仮名)が、
同い年で今年見事看護師の国家試験に合格。
看護師になりました。
嬉しいのはわかります。3年間頑張ってきたんだから。


さるこは、看護師として大きな病院で働くことになりました!
ほんとにすごい!!
しかし、さるこから看護師さんがしている名札を
ラインで写メを送ってきました。
(○○病院、看護師、さるこ。的なことを書いているやつ)


「おめでとう」「本当によかったね」と思っている反面、
「私の病気を知っているのにどうして送ってくるの?」
「嬉しいのはわかるけれど、友達たくさんいるのに
どうして看護師になれなくて、病気になってしまった私に送るの?」
と思ってしまい、そんな自分が嫌でしばらくして
連絡をしませんでした。


ところが数日後SNSで、さるこから
「社会人は大変なんです」
「ストレスで太りそう」と連絡がきました。


私には社会人の大変さが分かりません。
きっと大変で毎日疲れるんだろうな。と思います。
でも働けることが羨ましい。
毎日、休みな私を周りは羨ましいと思うのだろうけれど。
働けないからこそ思うのだろうけれど、
健康で病院に通う事もせず、解離症状が起きることもなくて
真っ黒なもう一人の自分に怯える事もなくて、
お金に悩む事も少なくて、
人が沢山いる場所にも普通に行けて、
働く事をドクターストップされることもなく、
入院に怯える事もなく、
普通に働けることが私は羨ましい。


普通に自立して普通の生活が送れる事が私は羨ましい。


読んでくださってありがとうございます。
クリックお願いします!


子宮頚がんの検査に行ってきます。

明日は、以前子宮頸がんの検診で異常が見つかったので
大学病院に行って詳しい検査を受けてきます。


車で1時間半くらいかかります。笑
母がついてきてくれます。


緊張するー。笑


何を頑張ればいいか
分からないけれど頑張ってきます!笑


読んでくださってありがとうございます。
クリックもお願いします!

虐待ってどこから?

私が初めてのカウンセリングで言われた
言葉は「虐待の後遺症があります」でした。


でも、私の頭の中ではその「虐待」という言葉が
理解出来ませんでした。
「虐待ってどこから?」
「どの虐待を受けてたの?」
「私、虐待なんか受けてない。」
そう思っていました。


私の母と父は忙しい人でした。
父はお酒を飲むと暴れるような人で借金も沢山
ありました。遊びに行かせてもらえない事もよく
ありました。父は私が大好きで私が幼稚園の頃、好きな人が出来た
事を伝えると暴れ、怒鳴りました。
でも、それ以外では優しい人で大好きでした。
母は父の言いなりになっている事が多く、父の事が大好きでした。
借金返済の為に毎日働いていました。
朝も昼も働いて離婚する少し前から夜も働いていました。


私は長女なので、甘えたくても「お姉ちゃんだから我慢できるよね」
と言われ我慢することが多かったです。
年の近い弟たちの面倒はいつも私が見ることが多く
私を「小さなお母さんだね」と言っていました。
母はいつも弟ばかりでたまに話が出来ても幼い私には
分からないことを愚痴ることが多かったです。
夜、仕事に行く時も私たちを家において朝まで帰ってきませんでした。
父と2~3日帰ってこないこともありました。


父には身体を触られる事が多くありました。
でもそれは離婚してからの母の彼氏や今の義父も同じです。
母もそのことで彼氏や父、義父と別れることはありませんでした。
むしろ「色気づいて、」と言われることが多かったです。


これを母からのネグレクト、父や彼氏、義父からの性虐待と
言われました。
まだ、実感はないです。
母は忙しかったから仕方がない、男の人はそういう事をする人。
そう自分の中で片づけてしまったから。


これらが私の病気の一つの原因です。
でも病気になったのは私の問題です。
どこからが虐待なのか、本当にこれが虐待なのか、
みなさんから見てこれは虐待と思うのか。
分からないことだらけですが、病気になっどうているのは事実なんですよね。


家族とのかかわり方に悩む毎日です。笑
虐待と言われてしまってからどう受け止めればいいのか
どう生活していけばいいのかわからない毎日。


私の居場所はどこにあるんだろう。


読んでくださってありがとうございます。
クリックもお願いします。