ぶたこ。の闘病日記

黒い見えない影。

精神疾患が教えてくれたこと。

この病気にかかってから
どうしてこんな思いしないといけないんだろう。
こんなはずじゃなかったのに。
何も出来なくなった。
生きている意味が分からない。
消えてしまったほうが楽なんじゃないのかな。
他にもいっぱい思っている。


病気を認めたくない。
自覚が持てない。
こんなはずじゃなかった。
毎日思っている。


診断される前は学校もバイトもできて
実家から離れても生活できて家族や彼氏、友達の誕生日には
プレゼントを買うことも服や化粧品を買うこともできた。
車だって運転できてたし、ご飯だって作れてたし
家事は母から完璧だと褒めてもらっていた。


なのに今では学校に戻ること、自分の把握、仕事、車の運転、
ひとりで外に出ること、料理等の家事全般。
今までできていたこと全部が出来なくなった。


甘えなのかなと自分で思うけど
気力はないし食欲もないし外にひとりで出ようとすると
内臓がつぶれているんじゃないかと思うくらいに
痛くなる。


周りのサポートがあって入院しなくて済んでいるし
通院だって出来ているし散歩することも出来ている。


当たり前に出来ていたことが出来なくなってから
やっと周りの人の大切さ、感謝に気づくことが出来たと思う。


もちろんこんな自分が死ぬほど嫌だと思うことだってあるし
申し訳なさでいっぱいになることだってある。


でもきっと病気にならないと気付くことが出来なかったと思うから
この「幸せ」は病気が教えてくれたことだと思う。


いつか働けるようになったら
いま支えてくれているみんなに恩返しができるといいな。



補足:まだはじめたばかりですがいいねしてくれる方が
いらっしゃっるみたいでとても嬉しいです!
ありがとうございます‼
コメントに相談や感想など書いてくだされば必ずお返事します。
自己満なブログですが読んでくださっている方
今後もよろしくお願いします。
※誹謗中傷等は受け付けません。



読んでくださってありがとうございます。
クリックしてくださると嬉しいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。